ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第3章  科学技術システムの改革
第4節  優れた科学技術関係人材の養成とそのための科学技術に関する教育の改革
3.  研究者・技術者倫理の確立


 高度化,複雑化が著しい科学技術に対する信頼性や安全,安心の確保の観点から,技術者には,実務担当能力はもちろんのこと,社会や公益に対する責任をその活動の前提とする旨の高い職業倫理が求められている。

 このため,科学技術に関する高等の専門的応用能力を認定された技術士について,平成12年度の技術士法改正において,公益を害することのないよう努めるべき責務を明示するとともに,技術士第一次試験において適性に関する出題を行うこととしている。

 その内容の検討に資するものとして,技術の現場における事故事例や海外の技術者倫理確保のための施策等,技術者倫理に関する基礎調査を実施したところである。

 また,技術者の能力開発・再教育のための情報提供にあたっても,学協会に協力を求めつつ,技術者倫理に関するコンテンツを整備することとしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ