ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   海外及び我が国の科学技術活動の状況
第3章  研究成果関連の動向
第4節  ハイテク産業


  ハイテク産業* は研究開発に多くの投資を必要とし,その製品製造過程において高度な技術を要する。このことから,ハイテク製品の輸出額等は科学技術を駆使した産業の国際競争力のひとつの側面を表す指標としてみることができる。そこで,OECDのデータをもとにハイテク産業の輸出額シェア及び貿易収支を各国比較する。


*ハイテク産業:

OECDでは製造額に対する研究開発費の割合を産業別に計算し,その値の大きい4産業(航空・宇宙,事務機器・電子計算機,通信機器,医薬品)をハイテク産業としている。

(主要国のハイテク産業の輸出額シェア動向)

 OECD諸国における1996年(平成8年)のハイテク産業輸出額の国別シェアは,米国,日本,ドイツ,イギリス,フランスの順となっている( 第2-3-25図 )。

第2-3-25図 OECD諸国におけるハイテク産業輸出額の国別シェアの推移

 全ハイテク産業輸出額については,イギリス,フランスを除き,主要国はシェアを減少させており,その他の国のシェアが増加して,30%を超えている。特に,その他の国全体では各産業ともシェアを増加させており,国ごとにみるとオランダ(5.2%),韓国(5.0%),イタリア(3.2%)の占める割合が比較的高くなっている。我が国のシェアが高いのは通信機器(ラジオ,テレビ等)産業である。しかしながら,通信機器産業において,我が国が世界第1位を維持しているが,そのシェアは減少してきており,米国,イギリス,フランス等がシェアを伸ばしてきている。一方,我が国のシェアが低い産業は,航空・宇宙,医薬品産業である( 第2-3-26図 )。

第2-3-26図 OECD諸国におけるハイテク産業別輸出額シェア(1996年(平成8年))

(我が国のハイテク産業の輸出・輸入動向)

 我が国のハイテク産業における輸出額,輸入額の推移をみると,輸出額は1985年(昭和60年)の輸出額と比較して微増となっている。輸入額については,1998年(平成10年)と1985年(昭和60年)の輸入額を比較すると約3.5倍,1990年(平成2年)の輸入額と比較すると約2倍の伸びをみせている。一方ハイテク産業は,全製造業に比べて,輸出額,輸入額共に,景気の変動の影響をあまり受けていないのがみて取れる。特に輸入額については,景気の変動の影響が小さく,上昇傾向を維持し続けている( 第2-3-27図 )。

第2-3-27図 我が国の全製造業・ハイテク産業の輸出入額の推移

(主要国におけるハイテク産業の貿易収支動向)

 主要国におけるハイテク産業の貿易収支の推移をみると,我が国では,前述のとおり輸入が伸びているため,収支比は1に近付きつつある。米国は輸入が輸出を上回っているため,収支比は入超側で推移している。ドイツ,フランス,イギリスの収支比は,ほぼ1前後で推移しており,フランスが微増傾向にある( 第2-3-28図 )。

第2-3-28図 主要国のハイテク産業貿易収支比の推移

(我が国のハイテク産業の産業別の貿易収支)

 1996年(平成8年)の我が国のハイテク産業の産業別貿易収支は, 第2-3-29表 のとおりである。ハイテク産業全体の値よりも収支比が高い産業は,通信機器産業である。次ぐ事務機器・電子計算機産業は,全製造業における収支比とほぼ同じ値である。一方,医薬品産業と航空・宇宙産業の収支比は極めて低く,それぞれ大きく入超となっている。

第2-3-29表 我が国のハイテク産業の産業別貿易収支(1996年(平成8年))


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ