ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   海外及び我が国の科学技術活動の状況
第2章  研究人材
第1節  研究者数の状況


(研究者数)

 研究者数については,国により対象の取り方,調査方法等に差異がある。

 フラスカッティ・マニュアルでは,研究者を「新しい知識,製品,製法,方法及びシステムの考案または創造及びそれらの業務のマネージメントに従事している専門家」と定義している。しかし,この定義はかなり曖昧なものであり,各国ともフラスカッティ・マニュアルに沿いながら,研究者数の測定に当たっては,個別具体的に研究者の定義を行っている。

 このため,国により研究者数の測定方法に差異があり,国際比較には困難を伴う。日米の比較において,我が国の「科学技術研究調査」(総務省統計局)に基づく研究者数と,米国の「National Patterns of R&D Resources」(米国国立科学財団(NSF:National Science Foundation))に基づく研究者数とでは,対象の取り方に関して 第2-2-1表 のような差異が見られ,統計値の正確な比較を妨げているものと考えられる。

第2-2-1表 研究者の定義についての日米比較

 大学等の研究者の範疇について,日本では教員,大学院博士課程の在籍者,医局員等からなり,日米間においては特に以下のような差異等がある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ