ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   我が国の科学技術の創造力
第2章  我が国の科学技術システムの現状と課題

  第1章 では,我が国の科学技術の創造力の表れである研究成果の水準について国際比較をして,その質的・内容的向上の必要性を示すとともに,創造力の成果と源泉とを総合した水準や分野別の研究開発水準についての比較から,研究環境の改善や重点的な取組が必要であることについて示した。さらに科学技術の創造力の源泉について詳しく見ると,長期的に研究成果を生み出す人材や研究資金に加えて,競争的環境や研究基盤などの一層の充実を図るとともに,これらが適切に役割を果たすためには,公正・透明な評価と評価結果の資源配分への反映が必要である。また,活用については,産学官の連携により,科学技術の創造力が産業技術力として国民生活・経済社会に活かされることが重要である。さらに,このような活動を支える社会的基盤としては,国民の理解が不可欠である。

 第2章では,このような科学技術の創造力を生み出す科学技術システムについて,国際比較を行いつつ,我が国の現状と課題を分析する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ