ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  刊行に寄せて

 21世紀最初の年である本年3月,今後5年間の我が国の科学技術政策の基本方針である第2期科学技術基本計画が閣議決定されました。本計画が21世紀を「知の世紀」と名付けているように,近年,主要国は科学技術による「知」の創出とその活用を「世界の持続的な発展の牽引車」として重要戦略に位置づけ,積極的な科学技術政策を展開しつつあり,世界は「知」を中心とする協調と競争の時代に突入しています。

 このような中,我が国が自国の発展のみならず,国際社会にも貢献するためには,科学技術による新しい発見と知識を財産とし,それらを人類が直面する様々な問題の解決や豊かな暮らしのために有効に活用していくことが極めて重要になるものと考えられます。

 今回の白書は,「我が国の科学技術の創造力」と題し,我が国全体における新たな知を生み出し活用する力を「科学技術の創造力」ととらえ,我が国の科学技術の成果と水準を示すとともに,今後我が国がこの「創造力」を発展させるための課題について分析を行っています。この中では,我が国が若手研究者の活躍と世界水準の研究環境づくりをはじめ,第2期科学技術基本計画を確実に実施しながら,長期的・世界的視点に立って「科学技術創造立国」を推進していくことの重要性を述べております。

 政府においては,科学技術を重要政策課題として位置付け,より一層努力することとしておりますが,この白書が,国民の皆様に内外の科学技術の動向や政府の取組を御理解いただく上での一助となることを期待いたします。

平成13年6月   遠山    敦子   文部科学大臣


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ