ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀を迎えるに当たって
  むすび

 これまで,第1部を通して,人類社会の20世紀における変化とそれに果たした科学技術の役割を振り返るとともに,21世紀において,科学技術が果たすべき役割と,科学技術の成果が社会の発展に役立つための基盤となる科学技術と社会との関係の在り方について分析してきた。このことをごく大掴みにまとめると以下のようになるのではないだろうか。

 人類は,石や木を手にして以来,多くの道具を発明し,使いこなすことによって,その限られた能力を拡大し,大きな力をもって,地球を支配するまでになってきた。なかでも,20世紀に,人類は,科学技術を原動力として,様々な道具を生み出し,これまでにない発展を遂げた。

 しかし,人類は,自らが創造した道具によって,有り余る力を発揮し,自らを,そして母なる地球をきずつけるまでになってしまった。このような20世紀の人類の有様を振り返り,21世紀,人類は,地球と共存していく知恵を持って,道具を作り,使っていかなければならない。

 また,20世紀の終盤になって,人類は,知能と生命の領域にこれまで以上に深く立ち入り,その能力を操作,拡大する技を身に付けつつある。人類の新たな発展のために,この技は是非とも有効に生かしていかなければならない。ただし,今度は,地球や自分自身をきずつけることのないように,また,全ての人類が恩恵を享受できるように,その技を使いこなす人類普遍の知恵を持たなければならない。

 人類は,21世紀の入り口にいる。時間は連続的に流れており,今日と明日が別世界のように変わることはない。したがって,第1部で取り上げたことの中には既に始まっていることもあるし,21世紀に入っても一向に始まらないこともあるに違いない。しかし,あとから振り返ってみると,連続した変化の集積の中から,時代の転換点が見えてくるものである。時間を大まかに捉えると,21世紀が20世紀後半の発展の延長にないことは多くの人々の共感を得る見方である。このことは20世紀の終わりから21世紀の初めのどこかに時代の転換点が埋まっていることを示唆している。厳密に,2001年が転換年であると決めるのは適切ではない。過去,現在と未来を適切に捉えた中で変化を着実に続けていくことが人類に与えられた任務である。第1部はそのような観点から20世紀を振り返り21世紀を展望した。21世紀の科学技術活動が,過去の足跡の上に立ち,適切に未来を見通して,その方向を適切に転換しつつ,人類の永遠の幸福と発展に役立つことを希望する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ