ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀を迎えるに当たって
第2章  20世紀の科学技術の人類社会への貢献と今後の課題
第2節  科学技術に対する国民の理解の現状


 20世紀の科学技術は,人類社会に多大な恩恵を及ぼしてきた。しかし,科学技術が社会のあらゆる局面に大きな影響を及ぼすようになるにつれ,前節に示したように,環境問題,生命倫理問題,原子力施設の安全性など社会が自らの問題として取り組むべき課題が顕在化してきている。このため,21世紀を迎えるに当たって,科学技術と社会の関係を問い直すことがどうしても必要である。

 ここでは,国民の科学技術に対する関心が,どのような現状にあるかを考察し,さらに,科学技術に関し社会の理解を得るための取組の状況を紹介して, 第3章 で述べる21世紀の科学技術と社会の関係構築を考えるに当たっての基礎としたい。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ