ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀を迎えるに当たって
第1章  人類社会の変化

 20世紀最後の年を迎え,21世紀が目前となった。人類はその発生以来,発展の歩みを続けてきたが,20世紀に入ってからの急成長はかつて経験したことのない目覚ましいものであった。20世紀に成し遂げた人類社会の発展が,私達の生活水準を飛躍的に高めたことは異論のないところであろう。

 人類は,今世紀,二度の世界大戦を経験したが,未だに局地的な紛争が後を絶たず,また,豊かに発展した生活水準も,全世界を見わたせば地域間の格差の拡大が歴然としている。このように,20世紀は必ずしも人類社会全体に常に恩恵のみを及ぼしてきたわけではなかった。

 そこで,21世紀を迎えるに当たって,20世紀を通して人類社会が大きく発展してきた足跡を,広く社会現象を表す代表的な指標の推移を概観することで振り返ってみたい。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ