ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第3部  科学技術の振興に関して講じた施策
第2章  総合的かつ計画的な施策の展開
第4節  私立大学における研究の充実


我が国の研究開発水準の向上のためには,我が国の高等教育機関の約8割を占める私立大学が,他の研究機関との連携,交流等を積極的に推進しつつ,多様で高度な研究を実施できるようにすることが重要である。

このため,文部省では,次のような施策を実施している。

経常費に対する補助としては,教育研究機能の高度化や情報化の推進など社会的要請の高い研究等の実施について着目し,一般補助に上乗せして補助する特別補助の充実に努めており,平成10年度は,「特別補助」に695億円を計上し,1)大学院を中心とした教育研究機能の高度化,2)教育学術情報ネットワークなど高度情報化,3)学生のインターンシップの推進等の大学改革の推進などの拡充を図っている。

私立大学等の大型の教育研究装置などの整備のため,平成10年度においては,1)中核的な研究拠点に対する支援を行う「学術フロンティア推進事業」において,新たに,環境,生命科学,情報通信等の学際的な

第3-2-29図 私立大学学術研究高度化推進事業の進捗状況〇ハイテクリサーチセンター準備事業の拡充状況


分野の共同研究を支援するための「学際領域共同研究推進プログラム」を創設するとともに,2)最先端の研究開発プロジェクトに対する支援を行う「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」,3)衛星通信等のマルチメディアを活用した「私立大学ジョイント・サテライト事業」を拡充するなど,当初予算及び補正予算を合わせて総額373億円を措置している( 第3-2-29図 )。

なお,研究施設,大型研究装置,研究設備の整備にかかる私立大学の負担分については,日本私立学校振興・共済事業団による長期・低利の融資(貸付規模36億円)を実施することとしている。

私立大学等における学術研究等を促進するため,基礎的な研究に必要な研究設備やコンピュータ等の情報処理関係設備の整備について補助しており,平成10年度は,当初予算及び補正予算を合わせて総額170億7,067万円を措置している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ