ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第2部  海外及び我が国の科学技術活動の状況
第4章  新たな科学技術指標への取組


第1章から3章まで詳述してきた研究費,研究者数,論文数,特許申請・登録数,技術貿易額などの指標は,国の科学技術政策の企画立案における基礎的データとして重要である。しかしながら,科学技術活動が複雑化し,グローバル化する中で,国の科学技術活動の姿を的確にとらえるためには,上記以外の指標についても考察を加える必要がある。例えば,人材・資金の流動性などは,イノベーションの創出状況に関連する指標であり,これまでの指標からは得られないような,科学技術政策へのインプリケーションを与える指標として重要である。

本章では,OECDで現在行われている新しい科学技術指標への取り組みを示すとともに,我が国における取り組みについても紹介する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ