ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第2部  海外及び我が国の科学技術活動の状況
第2章  研究人材
第2節  研究関係従事者数


研究本務者の他,研究支援者も含めた研究関係従事者の意味する範囲も国により様々であり,単純に比較することはできないが,欧州主要国のみとの比較ではあるが,各国の研究関係従事者数(研究者を含む)を見ると,我が国は,97.3万人と最も多く,ドイツ,フランス,イギリスの順となっている。我が国は,研究者以外の研究関係従事者が相対的に少なく,研究者1人当たりの研究支援者数は,0.38人と約半分の水準となっている( 第2-2-17図 )。また,我が国の研究者数について専従換算した場合においても,研究関係従事者数89.4万人(うち研究者62.5万人)となり,研究者1人当たりの研究支援者数は,0.43人と幾分増加するものの依然低い値である。

我が国の研究関係従事者数は,最近10年間(昭和63年〜平成10年)に1.21倍(年平均の伸び率1.9%)と増加し,平成10年には86.6万人に達したが,その伸びはほとんど研究者数の増加によるものであった( 第2-2-18図 )。

第2-2-17図 主要国における研究者1人当たりの研究支援者数

第2-2-18図 我が国の研究関係従事者数の推移

研究関係従事者数に占める研究者数の割合は,昭和63年の61.8%から平成10年には70.9%へと増加する一方,研究補助者数は13.8%から9.3%へ,技能者数は14.3%から10.2%へ,研究事務その他の関係者数は10.2%から9.6%)と減少しており,我が国の研究者1人当たりの研究補助者,技能者及び研究事務その他の関係者数は減少傾向が続いている( 第2-2-19図 )。しかし,科学技術基本計画の着実な推進により,研究者1人あたりの研究支援者数の割合は,国営研究機関で増加傾向,国立大学では低落傾向に歯止めがかかっている。

我が国の研究関係従事者数の構成割合を組織別にみると,公立,私立も含めた大学等全体では,研究者1人あたりの研究支援者数が最も少ない( 第2-2-20図 )。

第2-2-19図 我が国における研究者1人当たりの研究支援者数の推移

第2-2-20図 我が国の研究関係従事者数の組織別構成比(平成10年)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ