ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第2部  海外及び我が国の科学技術活動の状況

先進主要国は経済のグローバル化とそれに伴う世界経済の競争の激化,地球環境問題等地球的,人類的課題の重要性の高まりなどの中,競争力と雇用の確保,地球的,人類的課題の解決などに向けた積極的な科学技術政策を展開している。

一方,我が国も積極的に科学技術活動を展開し,研究開発投資については,これまで,政府の研究開発投資の拡充,民間企業の研究開発投資への旺盛な意欲を反映し,平成7年度から3年連続して増加した。我が国が今後とも,経済の安定的成長,国民生活の質の向上,さらには,地球的,人類的課題への対応を図っていくためには,厳しい財政事情等を踏まえつつ,研究開発活動をより一層強化,充実していかなければならないと考えられる。

第2部では,研究費,研究人材など科学技術に関する指標による主要国と我が国の比較等を行うことにより,我が国の科学技術活動の特色を概観し,それを踏まえて我が国の研究活動の動向を述べることとする。 注1)

(科学技術指標の国際比較に際して)

統計データについての国際比較のためには,対象となる各国統計データが統一的な基準に基づいて測定されることが前提となる。OECDは,科学技術活動に関するデータの収集・分析のためのガイドラインとして,フラスカッティ・マニュアルを取りまとめており,加盟国は本マニュアルに基づいて科学技術指標を測定するよう求められている。

フラスカッティ・マニュアルでは,研究者数の勘定方法については,頭数と,実際に研究業務に専従して時間割合を勘案した専従換算(FTE換算)値 注2) の2種類のデータがあるとしながらも,後者が研究人材の本当の量的測定法であり,国際比較のためすべてのOECD加盟国が専従換算値を支持すべきとしている。我が国では,関係省庁において専従換算の調査・研究を行っている。

なお,OECD統計においては,各国の科学技術事情を把握するために取りまとめた専従換算値が次のように示されている。

専従換算値と頭数の比較(平成9年度)

専従換算により頭数から変化するのは,教育活動にも従事している大学の研究者数である。さらにこれにより,大学の研究者の人件費についても,研究に従事した時間に見合う分だけを勘定することになり,大学における使用研究費が変化する。

本第2部では,最近の年度での研究者数及び研究費に係る国際比較の際には,頭数と専従換算値を並記する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ