ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第2章  総合的かつ計画的な施策の展開
第2節  研究開発基盤の整備・充実
3.  知的基盤の整備


 研究開発等の効率的な推進のためには,試験・計測・調査法等の改良・標準化,計量標準,研究開発に用いる材料の質・量両面での安定供給及び安全性・信頼性の確保等が必要である。このため,各種計量標準・試験評価方法の充実整備,生物遺伝資源,遺伝子資源等の研究材料の円滑な供給を図る等研究開発に係る知的基盤の整備を推進する必要がある。

 研究用材料の供給体制については,科学技術庁において理化学研究所がライフサイエンス研究に必要な動植物の培養細胞・遺伝子の収集・保存・供給を行うジーンバンク事業,微生物の系統保存・分譲事業を行っているほか日本原子力研究所においてRI(放射性核種)の供給を行っている。また,産学官の連携の下,知的基盤の整備に資する研究開発を一体的かつ体系的に実施するため,科学技術振興調整費を活用して,平成9年度より知的基盤整備推進制度を実施している。

 文部省においては,平成8年度に東京大学総合研究博物館,平成9年度に京都大学総合博物館を設置した。今後とも学術標本を活用した研究教育実績,その保有・整理状況及び地域性等を考慮しながらユニバーシティ・ミュージアムの整備を推進することとしている。また,大学等における研究支援体制の整備の一環として,医学,薬学等の研究上必要な実験動物の確保,動物実験のための施設,設備及び動物の飼育管理の向上の改善を行い,実験精度の向上等を図ることが必要なため,動物実験施設の整備を行っている。

 また,学術審議会学術資料部会が平成9年7月に取りまとめた「遺伝子操作動物の保存と供給及び開発について(報告)」を踏まえ,遺伝子操作動物に関する保存,供給,開発及び教育訓練を行うセンターの整備を推進することとしている。

 厚生省においては,ライフサイエンス,特に医学,薬学分野における研究に必要なヒト及び動物由来の培養細胞及び遺伝子の収集・保存を行うマスターバンクを国立医薬品食品衛生研究所及び国立感染症研究所に設置するとともに,(財)ヒューマンサイエンス振興財団を通じ研究者等に対する供給を行っている。

 農林水産省においては,農林水産業等に係る植物,動物,微生物,林木,水産生物等の生物遺伝資源について,分類・同定,特性評価,増殖及び保存を行うとともに,生物遺伝資源及び生物遺伝資源情報を国立試験研究機関,民間,大学等に提供する農林水産ジーンバンク事業を進めているほか,ゲノム研究等遺伝子レベルの研究成果であるDNA及びDNA情報を収集,蓄積,提供するDNAバンク事業を行っている。

 通商産業省においては,計量標準・試験評価基盤の整備,化学物質安全管理基盤の整備,生物資源情報基盤整備を行っているとともに,工業技術院生命工学工業技術研究所特許微生物寄託センターにおいて特許に係る微生物の寄託,分譲等の業務を行っているほか,動植物細胞の保存技術の研究を行っている。

 計量標準については,このほか,郵政省において,周波数,時間及び時刻の国家標準を定め,通報するための施設の整備を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ