ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   海外及び我が国の科学技術活動の状況
第3章  研究成果関連の動向
第2節  論文


 論文は研究開発,特に基礎研究の成果の現れの一つと言える。論文については,質の違い,研究対象の地域性,研究者の常用している言語,執筆された言語等により,単純な比較はできないが,米国科学情報研究所(Institute for Scientific Information)の作成したデータベースを基に,発表数及び被引用回数の各国比較を見てみる。

(主要国の論文数の動向)

 1996年(平成8年)に世界の主要な科学論文誌に発表された論文数の国別シェアは米国,日本,イギリス,ドイツ,フランスの順となっている。1986年(昭和61年)と1996年(平成8年)の国別件数を比較すると主要国の中では日本は件数が1.7倍に増加(主要国の平均は1.4倍)しているものの,研究費の大きさと比べて相対的に低い水準にある( 第2-3-9図 )。

第2-3-9図 主要国の論文数シェアの推移

(我が国の論文数の分野別動向)

 我が国における論文数の分野別シェアについては,1994年(平成6年)から1996年(平成8年)の平均では材料科学(15.1%),薬理学(12.8%),農学(12.3%),化学(12.2%),コンピューターサイエンス(10.8%),生物学・生化学(10.7%)の分野で論文数の占める割合が全分野の平均(9.7%)より大きく,この分野での研究が相対的に盛んであるといえよう( 第2-3-10図 )。

第2-3-10図 我が国の論文数の分野別シェア(平成6〜8年)

(主要国の論文の被引用回数の動向)

 研究成果の質的な指標の一つである論文の被引用回数の国別シェアは,1996年(平成8年)には米国,イギリス,ドイツ,日本,フランスの順となっている( 第2-3-11図 )。我が国は論文数のシェアと比較すると被引用回数のシェアは小さくなっており,日本の研究者の論文の影響度が相対的に低いことを示しているものと考えられる。

第2-3-11図 主要国の論文の被引用回数のシェアの推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ