ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第1章  科学技術政策の展開
第1節  科学技術基本計画
2.  新たな研究開発システムの構築



(1) 創造的な研究開発活動の展開のための研究開発システムの構築

 我が国の研究社会全体にわたって,

{1} 柔軟かつ競争的で開かれた研究開発環境を実現すること
{2} 優れた研究者の養成,確保を図るとともに,研究者が研究開発活動に専念できる環境を整えること
{3} 国以外のセクターの創造的研究能力の向上を図ること

といった観点から,以下の施策を講ずる。

{1} 研究者の任期制の導入を図るとともに,競争的資金の大幅な拡充及び研究開発資金の多様化を図る。  さらに,学長,所長等の裁量で重点配分できる研究資金の拡充,学長,所長等の指導力の発揮を可能とする機動的な組織運営等を図る。
{2} 大学院等の教育研究の充実,若手研究者に対するフェローシップ等の支援の拡大,充実や,大学等における自然科学系教育の改善・充実を進める。  また,ポストドクトラル研究者層の充実・強化,研究開発を支援する人材の養成・確保及び外部の支援機能を活用し得る制度の整備を進める。
{3} 私立大学の研究開発基盤の強化に対する支援,公設試験研究機関が行う創造的な研究開発に対する支援を拡大する。

 また,活力ある企業等が行う経済フロンティアの開拓に資する研究開発に対する支援を拡大する。

 同時に,社会的,経済的ニーズに対応した研究開発や知的好奇心など研究者の自主性に基づく基盤的な研究活動のための環境整備が必要であり,前述の競争的資金の拡充と併せて,多様な研究開発の推進のための重点的資金の拡充を図るとともに,基盤的資金の充実を図る。


(2) 各セクター間,地域間及び国際間の連携・交流のシステムの構築

 各セクター,地域及び各国に分散して存在している人的,物的及び知的な資源を有機的に結合させていく観点から,以下の施策を総合的に講ずることにより,各セクター間等の連携・交流システムを構築する。

{1} 国の研究者が民間においても研究・指導等の活動に円滑に従事することができるようにする等の国の諸制度及び運用の改善を行う。
{2} 国等の研究成果の民間等における活用を促進するため,国の投資による研究成果に関する特許権等の取扱いの改善等を図る。  さらに,国等が大型で汎用性の高い施設・設備を整備し,その共同利用等を促進する。
{3} 地域における産学官等の連携・交流等を促進する。
{4} 広く国内外の研究者をひきつけることのできる魅力的な研究開発環境を有する国際的研究開発拠点を形成・整備する。  また,メガサイエンスの推進を含め,国際共同研究開発を積極的に推進するとともに,国際的な人的交流を促進する。
{5} 分布型メガサイエンスの推進等を図るため,国内外の関係研究開発機関等の間の連携・協力を充実,強化等する。
{6} 先進的な研究体制の下に,種々の資金等の活用により,基礎研究プロジェクトを戦略的に推進する。

(3) 厳正な評価の実施

 研究開発活動を活性化し,優れた成果をあげていくために,評価の在り方を抜本的に見直し,厳正な評価を実施し得る適切な評価の仕組みを整備するとともに,評価のための基準等を充実,整備する。

 こうした評価の実施の円滑化を図るため,国の研究開発全般に共通する評価の在り方に関する大綱的な指針を策定する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ