ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   開かれた研究社会の創造をめざして
第5章  一層開かれた研究社会の創造に向けて
第1節  開かれた研究社会と評価
(2)  「外部評価」の導入


 評価者の選任に当たっては,評価の客観性・公正さ・信頼性を確保するために,第三者(評価実施主体にも被評価主体にも属さない者)を評価者とした外部評価を導入することが必要である。また,この評価者には,評価対象の研究開発分野に関連する分野の専門家のほか,必要に応じてこれら専門家以外の有識者等を含めることが重要である。なお,評価の対象となる研究開発活動の実情に応じ,この外部評価を適切に実施する上で必要がある場合には,評価実施主体又は被評価主体に属する者が評価に参画することも,適切に判断されるべきである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ