ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   開かれた研究社会の創造をめざして
第3章  国際的に開かれた研究社会へ

 我が国が今後めざすべき国際的に開かれた研究社会とは,世界の科学技術活動の一極としての我が国を舞台に,国際的に優れた研究者の活発な交流の下で最先端の科学技術活動が展開されるような,また,我が国での研究活動をキャリア・パスとして優秀な研究者が世界に羽ばたいていくような研究社会である。このような研究社会を実現し,欧米主要国と同等以上に独創的な科学技術の成果を自ら産み出すことにより,我が国には科学技術のフロントランナーとして科学技術分野での国際協力に主体的に取り組むこと,人類共通の知的資産としての科学技術の発展に寄与すること,優れた研究者をはぐくむことにより我が国はもとより世界の科学技術力の増大に寄与することが可能となる。

 このため,本章では,国際交流や国際的な研究拠点といった視点から我が国の研究社会を開く取組を振り返るとともに,現在の我が国が世界に占める地位を分析する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ