ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第2部  海外及び我が国の科学技術活動の状況
  第3章研究成果関連の動向
第3節  ハイテク産業


ハイテク産業は研究開発に多くの投資を必要とし,その製品製造過程においても高度な技術を要する。OECD諸国全体のハイテク産業の製造額は全製造業の製造額の伸びを大幅に上回って増加しており,1992年(平成4年)の全産業の製造額が1982年(昭和57年),1987年(昭和62年)のそれぞれ1.4倍,1.2倍(1980年(昭和55年)ドルベース比較)であるのに対し,ハイテク産業製造額は3.9倍,1.7倍(同)となっている。


注)15.OECDでは製造額に対する研究開発費の割合を産業別に計算し,その値の大きい6産業(航空・宇宙,事務機器・電子計算機,通信機器,医薬品,精密機器,電子製品)をハイテク産業と定義している。

OECD諸国における1992年(平成4年)のハイテク産業製造額の国別シェアを見てみると,米国が37.2%と最も高く,以下,日本(27.9%),ドイツ(10.2%),イギリス(6.6%),フランス(5.2%)と続いている( 第2-3-21図 )。5年前と比較すると,日本及び米国のシェアが伸びていることがわかる。産業別では,日本は通信機器(34.9%),事務機器・電子計算機(30.7%)及び電子製品(28.3%)のシェアが高い。

ハイテク産業の貿易収支比についてみると,1992年(平成4年)の我が国の収支比は2.85であり,主要国の中で唯一出超となっている( 第2-3-22図 )。

第2-3-21図 OECD諸国におけるハイテク産業製造額の国別シェア

ハイテク産業の輸出額シェア(1992年(平成4年))については,日本23.4%,米国18.3%,ドイツ12.0%,イギリス10.8%,フランス7.8%となっている( 第2-3-23図 )。

第2-3-22図 ハイテク産業及び全製造業の貿易収支比(1992年)

第2-3-23図 OECD諸国におけるハイテク産業輸出額の国別シェア


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ