ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議
3.  科学技術振興施策の総合調整等
(6)  国際展開


我が国を巡る国際情勢の急激な変化の中,我が国の科学技術分野における国際貢献の必要性に対する認識は一層高まっており,また,大規模かつ長期的な研究開発に関する国際協力のあり方,地球環境問題等のハイレベルな政策課題が急増しており,科学技術会議としても積極的かつ主体的な国際展開が求められている。

1) カーネギーグループ会合(政府首脳科学顧問会合)ブロムレー米国科学技術担当大統領補佐官(当時)の提案により,サミット国,EC及びロシアの首脳の科学技術顧問,科学技術担当閣僚等9名をメンバーに科学技術の諸問題に関し意見交換を行っている。 最近では第9回会合が1995年5月にワシントン(米国)において開催された。
2) 先進7カ国研究会議代表者会議西ドイツ研究協会のマイヤー・ライブニッツ会長(当時)により提唱されたもので,サミット国の研究会議の代表者をメンバーに,科学技術に関する諸問題を自由に議論する会合である。年1回,過去14回開催され,我が国は第6回より参加している。最近では1995年5月にエルクリッジ(米国)で開催され,各国の科学技術動向と課題について意見交換を行った。
3) 科学技術会議政策委員会国際問題懇談会科学技術会議政策委員会では,冷戦構造の崩壊,先進各国の経済停滞とアジア諸国の経済成長など世界経済の転換,地球環境等地球規模問題の深刻化など最近の国際情勢の変化を踏まえ,我が国の科学技術政策の新たな国際展開について検討するため,1995年1月から「国際問題懇談会」を新たに構成し,検討を行っている。
4) その他以上の他,科学技術会議では,1990年度より,海外の科学技術政策に携わる要人を我が国に招へいし,科学技術会議議員等と科学技術政策,国際協力等について意見交換等を行う「科学技術会議国際招へいプログラム」を実施している。

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ