ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議
2.  重要研究開発分野の基本計画等
(5)  諮問第22号「地域における科学技術活動の活性化に開する基本指針について」(1994年6月20日)


地域における科学技術活動は,地域の活性化の原動力となって多極分散型国土の形成に資するとともに,地域の抱える諸課題を解決することにより地域住民の生活の質の向上に寄与するものである。また,新たな技術革新の促進,国民の科学技術に対する関心,理解の増大及び参加の促進,若者の科学技術志向の高揚等の観点から,さらに,我が国全体としての科学技術活動を活性化するという観点からも,地域における特色ある科学技術活動を活性化していくことが重要である。

今後,地域における科学技術活動のより一層の活性化を図っていくためには,地域における科学技術活動のあり方について検討し,必要な環境整備等を進めるとともに,地域の主体的かつ個性的な取組を積極的に支援していくことが必要であることから,内閣総理大臣は,1994年6月「地域における科学技術活動の活性化に関する基本指針について」を科学技術会議に諮問した。これを受け,現在,科学技術会議では,新たに地域科学技術振興部会を設置した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ