ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議
2.  重要研究開発分野の基本計画等
(4)  諮問第21号「先端的基盤科学技術に関する研究開発基本計画について」に対する答申(1994年12月12日)


異なる科学技術分野で共通的に利用される先端的な手法,即ち先端的基盤科学技術は,各分野の更なる発展の牽引力となり,異分野間の相互乗り入れを促進し,新しい応用分野を開拓したり,従来の発想では解決が困難であった課題に新たな解決の手段を提供するものである。

今後,先端的基盤科学技術の一層の振興を図るためには,広範な分野の総合的な知見を活用しつつ,同分野の研究開発を計画的に実施していくことが必要であることから,内閣総理大臣は,1993年6月「先端的基盤科学技術に関する研究開発基本計画について」を科学技術会議に諮問した。科学技術会議では新たに先端的基盤科学技術部会を設置し,調査・審議を進め,1994年12月12田に内閣総理大臣に対して答申を行い,これに基づき12月27日こ同計画が内閣総理大臣決定された。

先端的基盤科学技術に関する基本計画は,科学技術が解決しなければならない問題が高度化,複雑化し,研究開発活動を支える先端的な装置,手法の重要性が高まっていることから,一この分野の研究開発を推進するための基本計画を策定するために取りまとめたものである。

先端的基盤科学技術は,異なる科学技術分野で共通的に利用される先端的な手法であり,科学技術の飛躍的進歩(ブレーク・スルー)をもたらすものとして期待されている。同科学技術は,研究推進のためのツールとして用いられる科学技術(ラボラトリーテクノロジー)と,様々な分野の科学技術の融合により複雑な問題を総合的に解決するための基盤となる科学技術(マルチディシプリナリーテクノロジー)という2側面をもっている。本基本計画は,今後10年程度を展望し,当面の重要研究開発課題とその目標を示すとともに,推進方策を取りまとめたものである。その重要研究開発課題として,ラボラトリーテクノロジーでは30課題104テーマが,マルチディシプリナリーテクノロジーにおいては13課題73テーマが挙げられている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ