ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   戦後50年の科学技術
第1章  指標で見る戦後50年の科学技術活動
8.  ノーベル賞受賞者


ノーベル賞のうち自然科学部門(物理学賞,化学賞,医学・生理学賞)を対象とした賞は,基礎科学部門で国際的に極めて優れた研究成果をあげた研究者に対する代表的な顕彰制度であり,各国の受賞者数はそれぞれの基礎的な研究分野の水準を表す指標の一つとしてみることができる。

我が国は5人の受賞者のみであり,欧米主要国と比べて非常に少ない状況にある。受賞者の国別比率の推移をみると,戦後急速に受賞者数を増加させた米国や,1980年代後半以降増加しているドイツに比べると,我が国は極めて低い水準で推移している (第1-1-39図)。

第1-1-39図 主要国のノーベル賞受賞者比率の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ