ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第4章  研究活動の推進
第4節  科学技術国際交流
1.  二国間における協力



(1) 欧米諸国との協力

先進国との協力活動は,二国間の科学技術協力協定等に基づき天然資源開発,エネルギー開発,原子力,宇宙開発,海洋開発,バイオテクノロジー,環境保全等先進国共通の問題の解決を図るため活発に展開されている。

米国との間では,1988年6月に締結され,1993年6月に単純延長された日米科学技術協力協定(有効期間5年間)の下で,これまでに閣僚レベルを議長とする合同高級委員会が4回,高級委員会の準備会合として位置付けられる合同実務級委員会が6回,科学技術分野における両国の有識者からなる合同高級諮問協議会が4回開催されたほか,研究開発のアクセス及び科学技術情報のアクセスに関し,それぞれ検討を行う小委員会が開催されるなど,さまざまなレベルで活発な意見交換が行われている。

1994年には,60名の米国の大学院生を,我が国の国立試験研究機関等へ6月から8月にかけて約2カ月間受け入れる第4回サマーインスティテユートプログラムが米国国立科学財団(NSF),米国国立衛生研究所(NIH),国際交流基金日米センター及び日米科学技術協力協定に基づく研究開発のアクセスに関する小委員会(TFA)により実施された。

また,日米エネルギー等研究開発協力協定が,主に日米科学技術協力協定との整合を図るとの観点から1990年2月に改定された。

宇宙分野の日米協力は,1969年7月に締結された宇宙開発協力取極に基づき協力が行われてきた他,1979年7月の宇宙開発委員会及び米国航空宇宙局(NASA)の間の合意に基づき設置された常設幹部連絡会議の下で協力が進められている。

また,1964年に始まった「天然資源の開発利用に関する日米会議(UJNR)」の下での協力活動が1994年で30周年を迎え,18分野において各専門部会毎の活発な活動が行われている。

このほか,日米原子力協力協定,「科学協力に関する日米委員会(日米科学協力委員会)」等を通じ,科学技術分野で広範な協力が進められている。

また,1993年7月の日米首脳会談において合意された「日米包括経済協議」の枠組みでは,ミクロ・マクロの経済・貿易問題のほか,テクノロジー,環境,人口・エイズなどの日米双方が先頭となって世界をリードしていくべき地球的規模の課題についても協議が行われている。この「地球的展望に立った協力」の枠組みからは,民需産業技術協力に関する実施取決めの締結,地球観測情報ネットワークの推進などの具体的成果が挙がってきている。また,ミクロ分野での協議では日米間での科学技術分野における人及び情報の流通の拡大を図るため「技術アクセス」問題が取り上げられている。

フランスとの間では,1974年に締結された日仏科学技術協力協定の下での協力が進められてきたが,両国の最近の科学技術の発展にともない,1991年6月,新日仏科学技術協力協定が締結された。この新協定のもとで,閣僚レベルによるハイレベル代表者会合,有識者による合同諮問委員会,実務者による合同委員会が開催されている。1994年5月には第2回ハイレベル代表者会合を開催し,今後の両国間の科学技術協力について意見交換を行った。さらに,1994年9月,日仏両国の科学技術事情の理解の増進,将来の協力の可能性の探索を目的とし,日仏科学技術シンポジウム等を開催し,産学官から出席者を得て,自由な意見交換が行われた。

カナダとの間においては,日加科学技術協議が1972年に開始され,1986年5月には両国間の科学技術協力を一層強化するため,日加科学技術協力協定が締結された。1989年4月には,宇宙分野における協力について意見交換,情報交換を行う場として日加宇宙パネルが設置された。また,日加科学技術協力のあり方についての日加共同研究報告書が両国の有識者によりとりまとめられ(1989年7月),これに基づき両国は研究者同士が直接意見交換を行うワークショップを開催するなど,協力関係が進展している。

また,1991年5月に日加両首相の合意にもとづいて発足した「日加フォーラム2000」の報告書が1992年12月に提出されたが,その中で北太平洋における環境問題に対して両国が協力を進めるべきであるとの勧告がなされた。1994年3月にバンクーバーにおいて,本分野での日加双方の有識者が出席してシンポジウムが開催され,本件協力に関する意見交換が行われた。

ドイツとの間においては,1974年10月に旧西ドイツとの間で締結された日独科学技術協力協定に基づいて,原子力エネルギー,ライフサイエンス,海洋科学技術等の分野で協力が行われてきたが,1990年10月の東西ドイツの統合により,同協定がドイツ全領域に適用されることとなった。1994年3月には,第15回日独科学技術協力合同委員会を開催し,両国の科学技術政策の紹介,具体的な協カプロジエクトの検討を行った。

イギリスとの間においては,これまで,3回の日英科学技術協力会合を開催していたが,1994年6月両国の科学技術協力を一層強化するため,日英科学技術協力協定が締結された。

その他先進諸国との間においては,イタリアとの間で締結されている科学技術協力協定に基づき,様々な分野において協力が行われているほか,日・フィンランド科学技術協力会合及びスウエーデン,ノルウェー等との貿易経済協議においても実務者レベルで協力に関する話し合いが行われている。

また,日・EU間では,従来,日・EC閣僚会議及び日・EUハイレベル協議においても科学技術協力が取り上げられてきており,1994年6月,両者の科学技術協力を促進することを目的として日・EC科学技術フォーラムを開催した。


(2) アジア太平洋諸国等との協力

韓国との間においては,1985年12月に締結された日韓科学技術協力協定に基づき,海洋科学,資源及びエネルギー,保健及び環境等の分野で協力を行っている。1993年11月,1994年3月の日韓首脳会談の結果を受け,二国間経済分野における協力関係等について包括的に議論を行う,日韓新経済パートナーシップ第1回協議が1994年4月に開催され,この中でも科学技術協力について話し合われている。

中国との間においては,1980年5月に締結された日中科学技術協力協定に基づき,情報交換,専門家の交流,共同研究の実施等により,科学技術協力を推進することを目的とし,日中科学技術協力委員会を設置し,協力を進めている。なお,科学技術庁と中国国家科学技術委員会との間で次官級の会合が設けられ,両者の協力について話し合われている。

この他オーストラリア,インドネシア,インド及びブラジルとの間においても科学技術協力協定に基づき,様々な分野において,協力が行われている他,アジア太平洋地域との協力としては,アジア科学協力連合(ASCA)の下での多国間協力とともに各国との二国間協力が進められている。


(3) 中・東欧諸国,ロシアとの協力

旧ソ連との協力については,1973年10月に締結された日ソ科学技術協力協定に基づき,これまで7回の日ソ科学技術協力委員会と2回の日ロ科学技術協力委員会が開催されており,地球科学,農林業等の分野で情報の交換,専門家の派遣,セミナーの開催等の協力が行われているほか,日ソ研究者交換取極に基づいて,研究者の交流が行われてきた。1991年末にソ連邦は解体したが,ロシアはソ連邦と継続性を有する同一の国家であることから,日ソ科学技術協力協定等はロシアとの間で引き続き有効である。

1994年5月に開催された第2回日ロ科学技術協力委員会においては,前回の第1回日ロ科学技術協力委員会で合意された分野の協力の継続・拡充に合意するとともに,新たに基礎化学,,材料科学技術,バイオテクノロジーの3分野で協力を開始することが合意された。

中・東欧諸国との間においてはポーランド及び旧ユーゴスラビアとの間には科学技術協力協定が,ルーマニア,ブルガリア,旧チェコスロバキア及びハンガリーとの間には科学技術協力取極が締結されており,また,研究者の交流等の協力が行われている。(旧ユーゴスラビアは現在,国家としてほぼ解体しており,クロアチア及びスロベニアを除く旧ユーゴスラビアとの協力は停止している。また,旧チェコスロバキアは,チェコとスロバキアの2カ国に分離しており,両国とも同取極を承継している。)1994年9月にハンガリーと第2回日・ハ科学技術協力政府間協議が開催され,日・ハ科学技術協力取極の下での協カテーマ及び両国の科学技術政策について意見交換を行った。

1994年9月にポーランドと日・ポ科学技術協力政府間協議準備会合が開催され,今後の日ポ間科学技術協力の進め方について議論を行った。1994年9月にポーランドにおいて「計算科学に関する日・中欧国際ワークショップ」を開催し,日・中欧研究交流の活性化を図るとともに,我が国の計算科学分野の進展を図った。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ