ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議
2.  重要研究開発分野の基本計画等
(3)  諮問第20号「科学技術系人材の確保に関する基本指針について」(1992年12月2日)


高度な科学技術を背景とした今日の我が国の発展と繁栄は,研究者や技術者を始めとした科学技術系人材の絶え間ない努力によるところが大きい。

今後,地球的規模の諸問題の解決,多様化する国民のニーズへの対応,国際的な競争力の維持等を図るためには,科学技術の一層の進展が不可欠であり,これまで以上に科学技術系人材の充実・確保が重要である。

しかしながら近年,少子化や高齢化の進展,若者の科学技術への関心の低下といった懸念が指摘されるなど,将来的にその確保は必ずしも楽観視できない状況にある。

このような状況を踏まえ,科学技術会議では第20号諮問「科学技術系人材の確保に関する基本方針について」(1992年12月)を受け,科学技術系人材部会を設置し,人材の確保に係る諸問題やその解決のための具体的な方策について検討を行っている。

1994年6月の科学技術会議本会議には,科学技術系人材確保のための様々な方策につき,各界より意見を求め,最終報告に反映させることを目的として,検討状況を中間的にとりまとめ報告した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ