ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議
2.  重要研究開発分野の基本計画等
(1)  「エネルギー研究開発基本計画に関する意見」(1991年6月21日)


地球環境問題の顕在化等,近年のエネルギーを巡る情勢の変化を踏まえ,科学技術会議は,新たなエネルギー研究開発基本計画の案をとりまとめ,1991年6月,意見具申した。これを受け,1991年7月,内閣総理大臣より新たな基本計画が決定された。

同基本計画においては,エネルギー研究開発への要請として,1)エネルギーの安定供給の確保,2)省エネルギー型社会の構築,3)地球環境問題への対応,4)国際社会への貢献,の4点を挙げ,これらを踏まえて,今後10年間に政府が中心となって推進すべき重要研究開発課題を,「エネルギー源の多様化」,「エネルギー利用の効率化」,「環境に対する負荷の低減」,「国際的な対応」及び「基礎・基盤技術」の5つの項目について掲げている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ