ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議

政府の科学技術政策を総合的に推進するため,科学技術会議設置法に基づき,科学技術会議が1959年2月に設置された。科学技術会議は,内閣総理大臣を議長とし,関係閣僚,有識者で構成されており,「科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)一般に関する基本的かつ総合的な政策の樹立に関すること」,「科学技術に関する長期的かつ総合的な研究目標の設定に関すること」,「前号の研究目標を達成するために必要な研究で特に重要なものの推進方策の基本の策定に関すること」等について審議し,内閣総理大臣に答申し,あるいは,必要に応じて意見を申し出ることを主たる任務としている( 第3‐2‐1表 )。科学技術会議には,重要事項の適時,的確な処理を行い,機動的かつ弾力的な科学技術政策の展開を図るため,各界の有識者で構成される政策委員会が設置されており,答申等の策定作業の総括の他,科学技術振興調整費の運用方針の決定,科学技術振興に関する重点指針の決定,科学技術政策立案のための基礎調査等を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ