ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   いま,世界の中で
第1章  転換期の世界における科学技術政策
第4節  転換期における我が国の科学技術政策
5.  研究開発投資の拡充


先進主要国の政府は,冷戦終結という世界的な状況変化を踏まえ,国防関係の研究開発投資を抑制している。この結果,国防を含めた先進主要国の科学技術予算の伸びを見ると,東西統一に伴い科学技術予算を大幅に拡充したドイツは別として,米国,フランス,イギリスと比較すると,我が国は比較的高い伸びを示している( 第1-1-42図 )。

他方,国防関係を除いた科学技術予算は,科学技術が経済成長や雇用促進において果たす役割への期待等を反映したものと考えられるが,各国において,冷戦終結後も引き続き,その拡充に努めており,特に米国の伸びが顕著なものとなっている。

第1-1-42図 各国の科学技術予算の推移

このような諸外国の動向を踏まえると,基礎研究の強化をはじめとする我が国の科学技術政策の展開にあたっては,政府研究開発投資を拡充することが必要である。このため,科学技術政策大綱で示されているとおり,時々の財政事情を踏まえつつ,政府の研究開発投資額をできるだけ早期に倍増するように努めることが必要とされている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ