ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   いま,世界の中で
第1章  転換期の世界における科学技術政策
第1節  主要国の科学技術政策動向


本節では,我が国と3極を構成する米欧に着目し,北米地域では米国及びカナダ,欧州においては研究開発投資額の多いドイツ,フランス,イギリス,さらに,統合なった欧州連合(EU)の科学技術政策動向に触れる。

次いで,我が国が位置するアジア・太平洋地域に注目し,経済規模及び人口の大きい中国,アジアNIEsの代表例としての韓国,我が国と経済的な関係の深いASEAN諸国からインドネシア,タイ及びマレーシア,域内先進国のオーストラリアを取り上げ,その動向に触れることとする。さらに,自由経済体制への移行で混迷の続く旧ソ連,中・東欧の科学技術を取り巻く状況について触れることとする。

なお,各国の研究開発活動,科学技術政策動向等については第1部第2章で詳しく取り上げ分析している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ