ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   我が国の科学技術政策の展開
第2章  科学技術会議
2.  重要研究開発分野の基本計画等
(3)  諮問第20号「科学技術系人材の確保に関する基本指針について」(1992年12月2日)


科学技術の高度化・複雑化する中で,科学技術活動を一層進展させていくためには,創造性豊かな研究者,技術者等の科学技術系人材の確保を図ることが極めて重要である。しかしながら,科学技術系人材の需要の増加が見込まれる一方で,我が国の生産年齢人口の減少や青少年の科学技術への関心の低下といった現象についても指摘されており,このため,科学技術系人材の確保のための方策を強化し,その能力を最大限発揮できるようにしていくことが必要となってきている。

このような状況を踏まえ,1992年12月,内閣総理大臣は,科学技術会議に対し,諮問第20号「科学技術系人材の確保に関する基本指針について」を諮問した。これを受け,現在,科学技術会議では,新たに科学技術系人材部会を設置し,調査審議を進めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ