ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   若者と科学技術
第3章  科学技術がより身近に感じられる社会を目指して
第3節  女性の科学技術活動への参加促進


第1章第2節で示したとおり,我が国の女性の科学者,技術者といった科学技術関係の職業への進出はまだかなり少ない。このことは,逆にみれば,今後の努力により,女性の科学技術関係の職業への進出を増やす余地は,まだ多く残されていることを示していると解することができる。

社会における女性の影響力が増していく趨勢の中で,第1章第2節で示したように,国民の約半分を占める女性の「科学技術に対する能動的関心」が低いまま推移していることは,憂慮すべき問題である。

科学者や技術者といった科学技術関係の職業への女性参加の促進は,社会における女性の活躍の場を広げていくという視点,あるいは科学技術系人材確保の視点からも重要であることはもちろん,さらに,科学技術活動に直接参加していない女性にとって,科学者や技術者がより身近に感じられるようにし,女性全体の「科学技術に対する能動的関心」を高めるという視点からも重要であると考えられる。

女性の科学技術活動への参加促進に当たっては,出産・育児期における勤務形態の選択肢を多様化するなど,科学技術関係諸機関において女性の科学技術活動の継続を支援していく努力が必要である。例えば,フレックスタイム制や育児休暇制度の導入,企業内保育施設の設置等について,できる限りの配慮をし,女性にとっても魅力ある,そして働きやすい職場環境を整備することにより,この分野への女性の参加を積極的に後押しする努力が期待される。

さらに,女性の科学者や技術者が既に活発に活動している機関においては,その活躍する姿を積極的に社会に紹介することによって,女性が参加しにくいといった科学技術活動のイメージを払拭し,科学技術を女性にとっても,より身近なものと感じられるようにすることに貢献していくことが期待される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ