ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術の地域展開
第3章  今後の展望
第2節  地域における科学技術政策の基本的考え方


地域における科学技術の推進に当たっては,地方公共団体自らが地域における科学技術推進の推進構想を企画して実施し,国は地方公共団体の主体性を尊重しつつ側面から協力する形で行うことが原則と考える。しかし,近年地域では様々な研究主体が登場し,従前のような公設試験研究機関と地元大学,地元企業の研究所だけではなく,国立試験研究機関等や特殊法人,国の関与する会社等の地域の研究拠点なども増加している。したがつて,地域における科学技術の振興や交流のメリットは国も受けるものであり,推進に当たっての役割分担は具体的地域毎にケース・バイ・ケースで決められることが望ましい。

以下ではこのような役割分担の前提の上で,地域における科学技術の方向性とその推進方策について分析する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ