ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術の地域展開
第3章  今後の展望
第1節  地域における科学技術の重要性と多様性


(地域における科学技術の重要性)

第1章では国の観点から見た地域における科学技術の重要性を,第2章では地域の立場から見た地域における科学技術の重要性を見たところである。繰り返しになるが,国においては,地域における科学技術の推進を図ることにより我が国全体の科学技術水準の向上が進むことを期待し,また,安心して暮らせる潤いのある社会の構築,科学技術と人間・社会との調和,科学技術系人材の養成等の施策の実現を地方公共団体の協力を得つつ地域の場で進めていこうとするものである。

一方,地域にあっては,科学技術の振興を地域で図ることにより,地域の技術力の向上,高度な研究者・技術者の養成,新たな産業シーズの創出等をもたらし,先端的産業の発生や科学技術の発信基地の役割を果たすことを通じ,県内総生産や県民所得の向上,雇用機会の確保,若年人口の確保,地域の活性化などの社会的経済的効果を実現していこうとするものである。また地域にあってはこのほか,地域の生活を豊かなものとしていくために保健・医療・福祉の向上,災害の防止,より快適な生活環境の確保などの住民ニーズに応えるためにも科学技術の振興が必要となっている。このように,地域における科学技術は国の側からも,地域の側からもその重要性が認識されているところである。その意味でも,今後,国も地域もともに協力しつつ積極的に地域における科学技術の推進を図ることが望ましい。

(地域における科学技術政策の多様性)

以上見たように地域における科学技術の振興の重要性は高まりつつある。しかしながら,地域における科学技術振興の内容は多岐にわたり,地域における科学技術の振興に当たっては,その多様性を配慮して進めていくことが重要である。

例えば,地域における科学技術に関する大綱,指針等の策定に当たってもその地域のおかれた伝統,産業,風土により基本的構想は大きな違いがある。また,大綱,指針等の中の施策の構成は第2章第4節で見たように大きな変わりはなくとも,地域の個性を示す施策も多い。

さらには,当該地域において実施すべき研究分野についても,近年,ライフサイエンス,物質材料,情報電子,都市環境などの分野があげられるが,多くの地域ではその中の特定の分野に力を入れたり,独自の研究推進方法を確立する等独自性を発揮させている。また,研究実施主体については,設置されている公設試験研究機関,第三セクター,大学等は地域ごとに異なるし,それぞれの研究レベルや得意とする分野は相当に異なると言ってよい。このほか,国の各種の支援制度の有無,当該地域の振興のための具体的施策等の差を上げれば枚挙の暇がないほどである。地域における科学技術を推進するに当たってもこのような地域の多様性を十分踏まえていくことが必要であろう。

(地域における科学技術政策の基本的考え方の必要性)

以上のような,国,地域の双方から見た科学技術の重要性と地域ごとの科学技術政策の多様性を踏まえて,今後は国と地域がそれぞれの能力やニーズ,目的を確認しつつ長期的な関係を築いていくことが必要である。例えば,国の研究拠点の設置においても,単に優れた研究拠点を地域に設置するというだけでなく,既存の当該地域の研究拠点の能力や研究の方向,更にはそれらの支援機能等の総合的な条件が整うことにより国にとっても,地域にとっても最も効果的な拠点が整備・されたこととなるものである。研究交流等についても同様なことが言える。

このような意味で,それぞれの施策は,国の科学技術水準の向上等の目的とそれぞれの地方公共団体の地域振興の目的を同時に実現していくような基本的考え方の下で進められることが望ましい。もとより,地域の科学技術政策は地方公共団体が自ら策定立案すべきものであるが,そのような科学技術政策が実効性あるものとなるためには,このような基本的な考え方に基づくことが重要である。以下第2節は地域における科学技術政策の基本的な考え方を検討してみることとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ