ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  はしがき

我が国においては,生活大国を目指して各般の政策努力が払われていますが,豊かな生活を実現していくためには,地域においても,特色ある科学技術の振興が重要であります。例えば,地域の課題の中には,高齢化社会への対応や新しい産業の振興など,科学技術の進展に期待が持たれている分野がかなり多く見られるようになっています。

また,国や民間の研究拠点が地域展開するとともに,地方公共団体による自主的な科学技術振興に対する取り組みも活発化しており,こうした状況は,地域が我が国全体の科学技術の発展に重要な役割を果たしていることを示すものと考えます。

本年の白書は,科学技術の地域展開をテーマとして,地域における科学技術の推進が地域の振興に加えて,我が国の科学技術水準の向上やより豊かな国民の生活の実現に役立つものであることを分析し,今後地域における科学技術をどのように推進していくことが望ましいかを明らかにしております。

この白書が,地域における科学技術の推進を考えていくに当たっての一助となることを希望いたしますとともに,政府におきましても,白書で指摘されている事項を含めて,地域における科学技術の振興に一層努力して参りたいと考えております。

皆様の一層のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成4年9月   谷川   寛三   国務大臣   科学技術庁長官


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ