ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   海外及び我が国の科学技術活動の状況
第2章  研究人材

研究人材に関する指標は研究費と並んで,研究開発活動の状況を示す重要な指標である。研究活動に従事する研究関係従事者 7) は,研究者と研究者を補佐する者(研究補助者,技能者,事務職等)とに分けることができる。


注)7.総務庁統計局「科学技術研究調査報告」における研究関係従事者の分類は,次のとおりである。

○研究者

大学(短期大学を除く。)の課程を終了した者で,2年以上の研究業務の経験を有し,かつ特定の研究課題をもって研究を行っている者(又は,これと同等以上の専門知識を有する者)。なお,本書で研究者という場合は,研究本務者のみを指し,兼務者は除いている(ただし,研究費には兼務者に係る経費を含む。)。

○研究補助者

研究者を補佐し,その指導に従って研究に従事する者で,将来,研究者になる可能性のある者

○技能者

研究者,研究補助者以外の者であって,研究者,研究補助者の指導・監督の下に研究業務に付随する技術サービスを主として行う者

○研究事務その他の関係者

上記以外の者で,主として研究に関する雑務,庶務,会計などの事務に従事する者を言う。

なお,我が国の研究関係従事者数は,当該年の4月1日現在の人数である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ