ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部  科学技術活動のグローバリゼーションの進展と我が国の課題
第3章  地球規模での転換期にのぞむ人類の科学技術に対する期待-我が国にとっての課題と展望日
5.  世界に通用する共通の価値観や規範の確立への積極的参画


第二の課題は,科学技術活動のグローバリゼーションの重要性を我が国が提唱していくうえで,自国の公的研究機関の充実ばかりでなく,「世界に通用する共通の価値観の醸成,あるいは共通の規範の構築に我が国が積極的に関与していくべきこと」をその狙いとしている。

そのような共通の考え方を作りあげていくうえで第1に重視すべきことは,「科学技術活動が人類と地球の共存を目指したものでなければならない」ということである。特に地球環境問題については先進国の協同のイニシアティヴと科学的解明に当たっての息の長い協力が求められている。また,南北格差をいかにして小さくしていくかという問題は,開発途上国の人口増という現実に直面し,決め手となるような妙案を見つけることが難しく,なかなか有効な措置が講じられていない。しかしながら,開発途上国が明確な自立意識を持つことが何よりも重要であるので,科学技術の面からは,共同研究を含む幅広い協力により,開発途上国の技術吸収能力の向上へ向けての努力に対する協力,すなわち当事国自らが科学技術振興基盤を強化していくための国際協力に力を入れていく必要がある。

第2に,政府の支援する研究プロジェクトへの参加や知的所有権制度などに関し「各国の研究者や民間企業が同じような枠組みの下で研究開発に取り組んでいけるようにすること」が必要である。また,我が国の民間企業については,この数年海外に研究開発拠点を立地し,優秀な外国人研究者を雇う例が急激に増えているが,外資系企業が長期間をかけて我が国に立地してきた例と比較してあまりにも動きが急であるので,このような新たな動きそれ自体が現在予期しえないような問題を生じることのないようにしていく注意も必要である。

第3に,各国が「メガサイエンスを含む国際共同研究にどのように協力していくか」についての共通の考え方を作りあげていく必要がある。

最後に,科学技術に関する世界の相互依存が進む中で,我が国がこのように研究開発の推進に当たっての共通の考え方を打ち出したり,各国が戦略的な科学技術政策を実行しようとする際には,如何なる世界的な枠組みの中で行動していくのかということについて他の国々と意思の疎通を図っていかなければ,全くの独りよがりの無意味な行動となってしまうおそれがある。一般的にいえば,我が国は客観的に自国の現状を見るという発想に慣れているとはいえない。今回行った日米の技術レベルの比較では,科学技術庁の調査と米国商務省の調査の結果は比較的似ていることが明らかになったが,このような双方の国における認識についての情報は個々の研究者の頭の中だけではなく,両国の政策担当者をはじめとする幅広い人々の間で共有されるべきものである。我が国においても,個々の専門分野の研究者は自己の属する分野がどの程度の水準にあるかを認識しているとしても,総合的に日本の科学技術力の傾向を認識している者は必ずしも多くはない。そのような観点から,例えば,科学技術水準に関する日米,あるいは日米欧の共同の調査などを行って,「各々の政府が政策の立案に当たり正確な共通の事実認識を持つとともに,そのような調査結果に基づき政策立案者が意見交換を行うような努力を積み重ねていくこと」が,各国の科学技術政策の国際性,透明性を徐々に高め,将来における不必要な国際間の摩擦を回避することに役立つことは間違いない。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ