ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  はじめに

科学技術の進歩は,人類の新たな活動領域の開拓や優れた生産手段の提供を通じて,経済社会の発展と生活の向上に大きな役割を果たしてきた。

我が国は,科学技術の発展に支えられ世界のGNPの14%を占める経済大国に成長した。近年,経済的繁栄の中で国民の意識が変化し,ゆとりと充実を基本とした豊かな生活を構築していくことが求められるようになってきた。

このような観点から,本年の科学技術白書では,「豊かな生活を創造する科学技術への期待」をテーマとして,経済的な豊かさや利便性のみでなくゆとりと充実を基本とした豊かな生活の創造に科学技術がどのように貢献しているかを,科学技術の経済成長への貢献とは異なった視点,つまり生活者の立場からみた科学技術の役割という視点に立って分析し,多様な技術が豊かな生活を支えていること,それらの技術は基礎的・先導的研究の成果が寄与して結実したものが多いこと等を明らかにしている。

本文は,第1章,第2章,第3章及び第4章から成り立っている。第1章においては,我が国科学技術の現状を概観し,第2章においては,本白書のテーマに即した分析を行っている。また,第3章においては,各国の科学技術政策並びに科学技術に関する国際比較と我が国の現状を,第4章においては,我が国科学技術政策の基本である「科学技術政策大綱」に沿って推進されている科学技術施策の具体的内容を,それぞれ取りまとめている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ