ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第1章  我が国の科学技術政策
1.  科学技術会議の活動
(2)  諮問第15号「情報・電子系科学技術に関する研究開発基本計画につい


て」情報・電子系科学技術の研究開発は,単に情報分野のみならず,他の多くの科学技術分野にわたって先導的な役割を果たし,新たな技術革新をもたらすとともに,その成果は,経済・社会の発展,生活の質の向上等に資するものと期待されており,科学技術会議第11号答申及び科学技術政策大綱においても,今後,重点的に振興を図るべき分野として位置付けられている。

このため,内閣総理大臣は,新たに情報・電子系科学技術に関する研究開発基本計画を策定すべく,昭和62年8月に,科学技術会議に対して諮問第15号「情報・電子系科学技術に関する研究開発基本計画について」を行った。

科学技術会議では,同年12月,新たに情報・電子系科学技術部会を設置して審議を重ね,平成元年3月,内閣総理大臣あて答申を行った。

同答申は,今後10年程度を展望した重要研究開発課題及びその推進方策を中心にとりまとめており,研究開発の推進に当たっての基本的考え方と視点として,1)基礎的・創造的研究開発の推進,2)研究開発成果の積極的応用,3)人間及び社会との調和の重視を掲げた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ