ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   平成新時代における我が国科学技術の新たな展開
第3章  今後の課題と展望
  -平成新時代における我が国科学技術の新たな展開一
2.  柔軟な科学技術の展開力の確保の必要性


我が国はこれまで経済社会の環境変化に科学技術を軸として積極的な対応を図り,これを克服してきた。その際,国における政策展開とともに,民間による優れたパフォーマンスが大きく寄与した。

近年における我が国科学技術力の著しい向上に寄与した産業界は,引き続き研究投資と人材の充実を図る見通しである。国内においては,産業の高度化や生活の質的向上などの要請,また,国外においても競争環境の激化などがある。このような状況下においては,さらに産業界の果たす役割が大きく,産業に直結した応用あるいは開発研究の推進,また,製造部門を支える基盤技術力の確保などについて今後とも産業界の努力により順調な発展を遂げることが期待される。一方,公的部門においても,経済社会の環境変化に対応する科学技術のポテンシャルを涵養する場としての役割を果たすとともに,我が国としてトータルの科学技術力を確保できるよう,基礎研究強化などの対応を図り,今後とも我が国科学技術の柔軟な展開力が維持・発展されるよう努める必要がある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ