ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   平成新時代における我が国科学技術の新たな展開
第2章  国際的な科学技術の状況変化と我が国の対応
1.  進む技術のグローバル化
(3)  国際的な競争と協力の推進


我が国においては,国の政策展開とともに産業界の技術革新のダイナミズムがその技術レベルを効率的に押し上げ,既に多くの技術分野で世界最高レベルの技術水準を達成している。これにより,これまで我が国が欧米にキャッチアップする過程でみられた我が国が欧米諸国の下位に位置した科学技術に関する傾斜的構造から,全般的に水平な構造に移行し,対等の立場で調和的な競争と強調を図るべき時代となった。引き続き,我が国としては,このような科学技術力をもたらした応用・開発研究力や人材を維持発展させつつ,その発展の源泉となる基礎研究にも一層積極的取組みを展開する必要がある。

他方,米欧,アジア諸国には,科学技術に関するそれぞれの背景がある,幅広い科学技術力,特に十分実用にまで活かしきれていない面はあるが,応用への発展性の高い基礎研究能力を有する米国,科学に伝統と力を有しているが,産業レベルでの技術展開力で日米にやや遅れをとっている欧州,技術力は向上しつつあるが研究基盤の弱体なNIEs等のアジア諸国など各々の特徴がある。これらの国及び地域では,そのような特徴等を踏まえつつ,技術力強化を図り,産業発展,ひいては経済成長を図ることが大きな国の政策となっている。

このようなことから,ともすれば技術をめぐり国際間の緊張が増す可能性は高い。しかし,健全な緊張関係は競争を促進し相互の利益となる。このような状況が確保されるためには,円滑な競争関係が維持発展させられるよう政策面での対話の促進,同等な競争条件の確保など,その環境を整備していく必要がある。

一方,各国及び地域間で協力の必要性が増しており,先進国,途上国を問わない産業レベルの技術協力から,基礎研究協力までの多くの協力課題がある。特に地球環境問題への対処は,各国が積極的に協力してはじめてその有効性が高まるものであり,我が国からも大きな貢献を果たす必要がある。しかし,一般的に先の競争が前面に押し出され過ぎると,協力の気運が阻害される可能性もある。我が国は,このような競争とのバランスのとれた協力に積極的に寄与しうる資金,人材,研究開発能力を備えるに至っている。

世界的に,技術を一国に取り込もうとするテクノナショナリズム,或いは,地域主義の芽が生じつつある今日,健全な競争と円滑な協力は科学技術発展の鍵をなすとの認識のもとに,各国間でこのような競争と協力が進められるよう我が国は努力していく必要があり,また,各国にも期待したい。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ