ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第5章  科学技術振興基盤の強化
10.  科学技術関係審議会などの活動状況
(5)  技術士審議会


技術士審議会は,技術士に関する重要事項について調査審議を行うため,技術士法に基づき,昭和32年8月に設置されたものである。

本審議会は,技術士法制定(昭和32年法律第124号)以来の科学技術及び経済社会情勢の変化を踏まえ,技術士制度の改善方策,技術士の活用方策等につき,審議検討を行い,昭和57年6月,技術士補制度の新設,試験及び登録事務の民間移譲等を提言した「技術士制度の改善について」の報告書を取りまとめ,同年7月科学技術庁長官あて提出した。

これを受けて技術士法が第98回国会において全面改正(昭和58年法律第25号)され,昭和58年4月27日公布された。同法の施行は,一部を除き,昭和59年4月1日からとなっている。

技術士法の改正による新制度において,予備試験が廃止され,新たに技術士補制度が新設されるとともに,試験及び登録の実施に関する事務を科学技術庁長官が指定する機関に行わせることができることとなった。

これにより,技術士制度の資格は「技術士」と「技術士補」の2種類となり,また,科学技術庁長官の指定により,これら試験・登録事務は昭和59年4月1日から(社)日本技術士会において実施している。

昭和62年度においては,第二次試験(技術士の試験)及び第一次試験(技術士補の試験)等試験実施のための調査審議並びに前記「技術士制度の改善について」の報告書を受けて,技術士試験の試験科目の内容(技術部門,選択科目,選択科目の内容)の見直しのための調査審議を行った。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ