ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第1章  我が国の科学技術政策
(3)  諮問第14号「物質・材料系科学技術に関する研究開発基本計画について」に対する答申


科学技術政策大綱等の指摘に対応し,物質・材料系科学技術分野において,基礎的・先導的な研究開発の推進に重点を置いて,その研究開発を総合的,計画的かつ効率的に推進するため,昭和61年5月に,内閣総理大臣から科学技術会議に対し,諮問第14号「物質・材料系科学技術に関する研究開発基本計画について」が行われた。

これを受け,科学技術会議では,新たに物質・材料系科学技術部会を設置して審議を重ね,昭和62年8月,内閣総理大臣あて答申を行った。

同答申は,21世紀の人類社会の発展に向けて,その基盤となる物質・材料系科学技術の飛躍的な発展を図るため,特にこの分野における基礎的・先導的な研究開発の推進に重点を置くことを指摘し,重要研究開発目標として,1)新現象の探索及び諸現象の理論的な解明,2)革新的な物質・材料の創製,3)ニーズに対応した材料技術の開発,4)共通・基盤技術の開発を掲げ,さらにその目標を達成するための推進方策を提示した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ