ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
2.  我が国における科学技術情報活動
(4)  情報分析・クリアリングサービス


利用者の要求に応じて,探索した情報を更に分析し,付加価値を与えた形で提供するサービスは,高度な専門知識を要する活動であり,現在多くの情報機関が実施するようになっているとはいえ,いまだこうしたサービスに対する需要が満たされているとは言い難い。民間のシンクタンクや代行検索機関と呼ばれる機関は,このようなサービスへの指向性が強い。また,中小企業事業団(中小企業情報センター)及び各地の中小企業地域情報センターは,中小企業向けに,きめ細かい技術・経営情報を提供している。

研究課題についての情報を提供するクリアリングサービスについては,日本科学技術情報センターが,国内の公共試験研究機関において進行中の研究課題情報をオンラインで提供している。また,学術情報センターでは,文部省の科学研究費補助金により行われた研究の研究成果報告概要のデータベースを作成し,オンラインで提供している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ