ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的研究環境の確立をめざして
第3章  今後の課題と展望
1.  創造的研究開発推進の強化に向けての諸環境の課題
(1)  基礎的研究の強化とそのための体制の整備


我が国は,応用・開発を中心とした技術研究の強力な推進により,すでに多くの科学技術分野でキャッチアップ過程を終え,今日世界において高い地位を達成している。21世紀に向けた我が国経済社会の発展のためには,我が国の国情から言って引き続き科学技術が重要な役割を果たしていく必要があろう。このため,我が国どしては,現在の応用・開発を主体とした世界における地位にとどまらず,我が国の将来的発展を自ら科学技術により切り開くとの観点から,より高い技術段階をめざすべきである。そのためには,特にこれまで我が国が比較的弱いとされている基礎的研究の強化を図り,自ら創造的な技術シーズを見いだしていくことが不可欠である。

今日,科学と技術の接近の時代であるといわれる。また,基礎的研究成果の利用のテンポは早まっている。このような時代にあって,技術シーズをいち早く見いだし,これをはぐくみ,実用化していく点で卓越した能力を示してきた我が国が基礎的研究面においても果たしうる役割は大きく,自らの長期的な存立の基盤を確立するとともに,国際的な貢献を果たしていく見地からもこれに本格的に取り組むことが必要である。

しかしながら,基礎的研究の強化のためには前提となる諸条件の確立が不可欠である。我が国は,これまで官民を含め欧米に比べ基礎的研究投資が相対的に少なく,基礎的研究水準もより高い段階をめざすべき状況にある。基礎的研究においては国の果たすべき役割は大きく,これまでも,新しい基礎的研究制度の創設を行うなど,所要の措置を講じてきているが,今後その一層の充実が必要である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ