ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的研究環境の確立をめざして
第2章  国際的視野に立った創造的研究環境の整備の推進

前章で述べたように,今後,我が国においては,創造的研究開発,特に基礎的研究の強化を図り,自らの長期的ニーズに対応していくとともに,その科学技術力にふさわしい国際的な寄与を果たしていく必要がある。そのためにはその基盤となる我が国の基礎的研究環境全般について,これまでの応用・開発研究の研究体制とは異なるものを整備,確立していく必要がある。特に,基礎的研究においては,個々の優れた研究者の能力の発揮を容易とする研究体制の整備が必要である。

今日,我が国においては,このような基礎的研究にかかわる体制,制度を含む研究運営などソフト面での充実のための課題と期待は大きい。また,研究の手段である研究施設設備等インフラストラクチャー面の強化も不可欠である。なお,このような基礎的研究にかかわる諸機能の強化においては,我が国の文化,風土,さらに昨今の科学技術の特質を勘案して,我が国として特徴のある新たなあり方を考えることも必要となっている。

本章においては,広い意味でこのような創造的な研究環境を構成する研究運営とこれにかかわる研究人材,研究開発の施設設備及び科学技術情報の諸問題を取り上げて分析した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ