ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的研究環境の確立をめざして
第1章  創造的研究開発推進のための研究環境整備の必要性
3.  期待される我が国研究環境の整備


(基礎的研究の強化)

前述したように,我が国は国際的に高い技術水準を達成してはいるが,その基盤をなすべき基礎的研究面については一層の強化が必要である。また,世界の科学技術に画期的進展をもたらす成果の創出という観点からは,これまで我が国の国際的貢献は少なかったのが現状である。基礎的研究は人類全体の利益にかかわるものであり,また,今後の技術革新のシーズの源泉である。さらに基礎的研究を強力に進めるためには,経済力,科学技術水準,研究施設設備等のポテンシャルを有することが必要であり,経済力,技術力の面で世界のトップランナーの一員となった日本に求められるものである。このため,今後の科学技術の振興に当たっては,これまで培ってきた応用・開発面でのポテンシャルを維持,発展させつつ,新たな観点から基礎的研究の強化を図り,自らのニーズにこたえるとともに,世界の知的ストックの拡充に貢献していくことが必要である。

このような観点から,国においても,創造的な基礎的研究の振興において,国の果たすべき役割は大きいとの考え方に立って,近年,その施策の強化を図っている。また,国内外の激しい技術競争に直面している民間企業においても,必要な技術シーズを自ら見いだすために,基礎的研究を推進している。その結果,資金投入においても相当の水準に達しつつあるが,研究の実態をも考えあわせると,今後に期待すべきところが大きい。

我が国は,その得意とする応用・開発研究に引き続き専念し,欧米との補完的役割を果たすべきであるとの考え方が一部にある。しかし,このような考え方は,我が国の経済,科学技術の活動の規模とそれに伴う責務,先進国のみならず開発途上国ともグローバルな視点から競争し,協力していくとの立場から考えると,現実にあり得る選択ではない。いずれにせよ,今後日本としては,応用・開発力を引き続き維持しながら,基礎的研究の強化を図っていくことが喫緊の課題である。

(環境整備の必要性)

このような基礎的研究の強化,推進のためには,これを可能とし,さらに効果的なものとするための諸条件の整備が不可欠である。特に,我が国においては,これまで産業界を中心に,組織を重視する,キャッチアップ型の研究体制がとられており,社会的にも創造力より調和を重んじてきた文化的風土がある。このため,我が国において個人の能力に依存する度合いの大きい基礎的研究の強化を図るうえでは,このような伝統と調和を図る,あるいは全く異なる,新たな体制を考えていく必要がある。とりわけ,研究組織,研究評価,研究管理者の視点,研究者のマインドなどの面で,これまでと角度を大幅に変えることが不可欠である。このようなソフト面での改変に対しては社会的要請と研究者の要望もまた強い。

さらに,基礎的研究強化に伴い,創造的な人材の確保,施設設備や情報活動などの研究インフラストラクチャーの強化等の必要性も高い。

このため,本稿では,基礎的研究推進のための諸環境条件のうち,特に重要と思われる研究運営と研究人材,研究施設設備及び科学技術情報を取り上げている。

これらのうち,研究運営と研究人材については,期待される研究マネジメントと研究人材の推移及び充足度を,研究施設設備についてはその果たす役割ど整備状況を,また,科学技術情報については広範な活動の充実を中心として見てみた。いずれについても,創造的な研究成果の産出に不可欠であり,これを可能な限り大きくするとの観点からその充実のあり方を検討していく必要がある。

(研究環境の整備において必要な国際的視野)

科学技術をめぐる世界の状況,政策動向をみると,科学技術面での多極化に伴い,この科学技術振興の責任を各国の経済力,あるいは科学技術力といった能力に応じて適切に分担していく考え方が高まっている。また,科学技術の貢献と受益に関して,先進国間で不満が生じないような均衡が維持されることが重要であり,競争と協力の時代の中で,我が国を含め先進各国はその地位に応じた国際対応が必要となってきた。基礎的研究の強化とそのための施設設備を始めとした研究環境の整備は,この国際対応を図るうえで極めて重要なものである。

また,今日まで,世界の科学技術は自由な研究成果移転と研究者の活発な交流を踏まえ進展してきた。我が国は,この自由な研究交流,研究成果の流通の恩恵を最も受けてきた国の一つである。最近高まりつつある科学技術面での摩擦を解消するとともに,我が国に対する国際的期待にこたえるためにも,先進諸国との研究者の交流状況の改善,科学技術情報の海外への提供,開発途上国からの研究者の受入れ,適切な技術移転等を積極的に進め,国際的に一層開かれた研究開発体制の確立に努めていくことが必要である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ