ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  はしがき

科学技術は,人類の新たなフロンティアを切り開くかぎであり,また,経済社会の発展の糧であります。国際的に見ましても,各国は,科学技術を国力の礎をなすものとして,その振興に極めて意欲的に取り組んでおります。

今日,我が国は,科学技術に関して,世界で枢要な地位を占めるに至りました。研究投資額,研究者数では,自由世界第2位となり,産業技術の面では世界的にも最高の水準にあると言っても過言ではありません。しかし,今後,21世紀をめざし,一層の飛躍を遂げる基盤を確立するとともに,応分の国際的貢献を果たしていくためには,科学技術の一層の高度化が不可欠であります。特に,基礎的研究の強化はその中核をなすものであります。

基礎的研究の強化推進については,産・学・官の各方面で積極的な努力が見られますが,本格的な取組に向けての課題は未だ山積しているといえましょう。とりわけ,今回,科学技術白書において取り上げました研究運営,研究人材,研究設備,科学技術情報活動といった研究環境の整備の問題は,特に,そのソフト面を中心に,創造的な研究開発を進める大きな要因でありながら,これまで十分な対応がなされたとは言いがたい面がありました。

もとより,このような研究環境の整備に当たっては,社会的,文化的側面を含め,多くの視点から,そのあり方や我が国にふさわしい体制を考えていかなければなりません。今後,この白書が科学技術の新しい展開をめざしての様々な検討の基礎資料として各界のお役に立つことを希望しますとともに,政府におきましても,白書で指摘されている事項を始めとして,科学技術の振興に一層努力して参りたいと考えております。

皆様の一層の御理解と御協力をよろしくお願い致します。

昭和63年12月   伊藤   宗一郎   国務大臣   科学技術庁長官


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ