ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第5章  科学技術振興基盤の強化
7.  国際科学技術博覧会の後処理


国際科学技術博覧会の閉会後,(財)国際科学技術博覧会協会を中心として債権債務の整理,博覧会会場地の施設・設備の撤去等の原状回復,資産・物品の売却・処分等の事後処理業務を進め,昭和61年7月までにその作業をほぼ完了した。

なお,科学万博を永く後世に伝えるとともに,その成果を定着,発展させるため(財)国際科学技術博覧会協会の残余財産を受け継ぎ,(財)つくば科学万博記念財団が昭和61年3月28日に設立された。上記財団は,つくばエキスポセンターを拠点として科学技術の普及啓発事業等を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ