ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第3章  政府機関などにおける研究活動の推進
6.  他分野の協力による研究開発の推進
(4)  航空技術


航空技術は知識集約性,技術先端性に優れているため,単に航空輸送の発展を導くのみならず,先導的・基盤的科学技術としての他の分野への波及効果が高く,我が国が今後科学技術立国を目指して発展するうえで不可欠な自主技術基盤を形成するものである。


(1) 我が国の航空技術研究開発の動向

我が国では,これまで民間輸送機YS-11をはじめいくつかの航空機を自主開発することにより技術を蓄積し,最近では,国際共同開発計画によりボーイング767旅客機の設計及び製作に参画するなど,航空技術の水準において国際的な舞台で活躍するまでに成長してきている。民間航空機の開発においては,国際共同開発による方式が今後ますます世界の主流を占める傾向にあり,現在,我が国では1990年代初頭の就航を目指した150人乗り程度の民間航空機YXXの国際共同開発が計画され,また民間航空機用ジェットエンジンV2500について日本,イギリス,米国,西ドイツ,イタリアの5か国による国際共同開発が進められている。

第3-3-17表 宇宙関係予算の推移

今後とも予想されるこのような国際共同開発の場においても,我が国が対等の立場で開発,製造等に一層積極的に参画して行くには,国際的に競争力のある自主技術の確立を早期に図る必要がある。このため,従来から航空・電子等技術審議会の建議や答申に沿って,航空技術研究開発の推進を図るための施策が講じられてきたところである。本審議会においては,昭和60年3月に受けた「省エネルギー航空技術の研究開発における重点課題とその具体的推進方策について」(諮問第8号)に対する答申を61年8月科学技術庁長官に提出し,21世紀革新航空技術の研究開発について提言を行った。

科学技術庁航空宇宙技術研究所においては,我が国の将来の航空機開発に必要となる技術の確立を目指した研究開発が進められている。なかでも,低騒音STOL実験機“飛鳥”による短距離離着陸技術,低騒音技術等の各種新技術の実証を目指したファンジェットSTOL機の研究開発は,最重点課題として強力に推進されている。このほか,航空宇宙技術研究所では,ジェット輸送機やジェットエンジンに関し,性能向上のための研究,安全性向上のための研究及び航空公害を防止するための研究を実施するとともに,電子計算機による数値シミュレーション等基盤技術の研究を進め,また,62年2月に導入された数値シミュレータをはじめ各種風洞等の大型試験研究設備を関係機関の共用に供し,我が国の航空技術の発展を図るうえで主導的な役割を果たしている。

また,運輸省電子航法研究所においては,航法・管制に関する技術について,航空交通の安全比を向上させるための研究等を実施しており,これらの研究は今後の航空輸送の発展を図るうえで重要なものとして期待されている。なお,これらのほか,社団法人日本航空宇宙工業会の革新航空機技術開発センターにおいては,革新航空機技術開発に関する調査研究が進められている。


(2) ファンジェットSTOL機の研究開発

ファンジェットSTOL機は,将来の航空輸送において活躍が期待される新型航空機の一つであり,在来のジェット輸送機と比べて短距離離着陸(S TOL=Short Take-Off and Landing)性に優れ,また地上に及ぼす騒音も格段に少ないという技術的特徴を有しているため,国土が狭隘でかつ人口密度が高いという我が国の国情に適したものである。

昭和50年12月,航空・電子等技術審議会(当時は航空技術審議会)では,このようなファンジェットSTOL機の開発に必要となる技術については,我が国が積極的に研究開発を行うべきであるとの観点から,建議「我が国に適したSTOL輸送システムの具体的推進方策について」を行い,実験機の開発と飛行実験を中核としたSTOL技術の総合的研究開発の推進を提唱した。

この建議を受けて,科学技術庁航空宇宙技術研究所では,昭和52年度から「ファンジェットSTOL機の研究開発」を進めており,昭和54年度からは,この一還として各種技術の実証を目的とする低騒音STOL実験機“飛鳥”の開発を行っている。“飛鳥”は,国産ジェット輸送機C-1を原型 機とし所要の設計変更を施したものであり,これに通商産業省工業技術院が航空宇宙技術研究所の支援のもとに開発したFJR710エンジンを搭載した我が国初の純国産大型ジェット実験機である。“飛鳥”の主要諸元は,全長29.0メートル,全幅30.6メートル,全備重量38.7トンであり,必要滑走路長は900メートル以下,騒音被害面積は現用ジェット機の5分の1〜10分の1に軽減可能という画期的な性能を有している。“飛鳥”には,これらのSTOL技術及び低騒音技術はもとより,コンピュータ飛行制御技術,電気式操縦システム技術(フライ・バイ・ワイヤ),複合材技術等の最先端の新技術が数多く取り入れられており,これらの各種技術についての研究開発が“飛鳥”の開発と並行して進められている。

“飛鳥”は,全機組立ての完了後約半年にわたる地上試験を経て,昭和60年10月,初飛行に成功した。引続いて基本的な耐空性の確認を目的とした社内飛行試験が進められ,61年度からSTOL技術,低騒音技術をはじめとする各種新技術の実証を目指した本格的な飛行実験を開始した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ