ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  国際交流の動向
1.  主要国首脳会議(サミット)に基づく国際協力


 昭和61年5月,東京において開催された第12回主要国首脳会議(東京・サミット)では,昭和58年5月に開催された第9回主要国首脳会議(ウイリアムズバーグ・サミット)に基づき開始された18の具体的な協カプロジェクトの見直しについて,新たに作成された「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」の最終報告が行われ,各国首脳より感謝の意が示された。

 「技術,成長および雇用に関する作業部会報告」で取り上げられた18プロジェクトについては東京・サミットにおいて,協力体制の整備を図ることとされた。我が国としては,これらのプロジェクトのうち,「光合成」,「太陽光発電」及び「先端ロボット」の3プロジェクトのリード国として,協力の推進に当たっており,また,「バイオテクノロジー」,「新材料および標準」,「宇宙からのリモート・センシング」,「高速増殖炉」,「制御熱核融合」,「生物科学」,「水産養殖」等のプロジェクトに積極的に参加している。

 また,ボン・サミットでの要請に基づき別途作成された「環境測定技術及び慣行の改善及び調和」に関する報告が行われ,この作業に留意し,できるだけ早期に次の報告が行われるよう要請された。

 一方,昭和62年6月,ベネチア(イタリア)において開催された第13回主要国首脳会議(ベネチア・サミット)では,我が国よりヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラムが提唱され,本プログラムの我が国のイニシアティブが歓迎された。今後は,フィージビリテイ・スタデイを継続し,その進展状況をサミット諸国に報告することとなった。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ