ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
2.  我が国における科学技術情報活動
(2)  ファクト情報活動


試験・測定・観測等によって得られるデータを収集し,その加工・分析・評価を実施ないしは検討しているデータセンターとしては,現在, 第2-2-2表 に示すような機関がある。これらの中には,かなりの量のデータを蓄積し,データベース化しているところもあるが,今のところ,ほとんどが行政・学術研究等の限定された利用に限られている。

物性データ及び工学データについては,その重要性がかなり浸透してきたことから,検索・推算等の処理ソフトウェアの開発・提供も含めて,いくつかの民間機関のサービスが広まりつつある。しかし,膨大な対象物質の種類に比較して蓄積データはまだ少量にとどまっている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ